読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天光寺 blog

東京都西多摩郡檜原村に位置する豊かな緑と清流が流れる癒しのお寺です。天光寺で本来の自分を見つけてみませんか?

行の方の感想文

体験修行で来た方の感想文を分けて紹介させて頂きます。
32歳男性
10月29日、久しぶりに会う上司と打ち合わせがありました。上司が僕に、
「何の仕事がしたいか?どんな仕事がしたいか?」
という質問がありました。僕は少し考えて、...
「正直、今何がしたいのかわからない状態です。人生に迷いがあります。ですが、自分の才能を発揮し、納得のいく仕事を見つけたいです。」
と答えました。上司はこう返答しました。
「今まで、仕事に追われて、自分を見つめる時間がなかったのだね。そう思って、研修に行ってもらいます。来週の月曜日だからね。」
「はっ、はい。有難うございます。」
「本当は一か月行ってほしいけど、時間がないので2週間ね。」
「ニッ、二週間!」
二週間の研修がどんなものなのか、何の説明もないまま、武蔵五日市駅まできて、バスに乗り、どんどん山奥へ入っていきます。実はバスの中で初めて、「天光寺」という単語を耳にします。
「お寺ですか!」
本当にびっくりで、驚きと緊張で一体何をするのか分からないまま、修行に興味はありましたが、まさか自分が修行をするなんて思ってもいません。しかし、ここのお寺は、沢山の企業研修や経営者が参加し、気付きや学びを得ているという話を伺いました。
ここは普通のお寺じゃないと知りました。僕の中で「研修」とは先生や講師の方々がクライアントに何かお話や技術を教えるというイメージで、外部からの刺激でクライアントが成長や変化をするものだと思っていました。
天光寺さんの「研修」とは外部からの刺激はまさに行です。他の研修やセミナーとの違いはお話や技術をクライアントに教えるのではなく、自ら行を体験させ、自分で何かに気づきを与える素晴らしい場所だと感じています。
自分とは何かを感じさせ、本当に大切なものは何かを、感じ取れる気がします。
今まで当たり前だと思っている生活、例えばお腹が空けばのどが渇けば、コンビニへ行けば何でも買え、夜更かしをして次の日遅い時間に起きる生活などずっと一人で自分のペースで生活していましたが、お寺という今までとは全く違う場所で研修、行をすることはとても意味のあることだと思います。まだ4日間ですが、僕の感じた大切なことを書きます。
・朝起きることの大切さ。 ・掃除の大切さ。 ・ご飯を頂けることの大切さ。 
・夜寝ることの大切さ。 ・自分を見つめる大切さ。 
大変な行で気付くこともありますが、ごく当たり前のことが大切で、素晴らしいことだと気づきました。
この研修が終わるまでに自分を見つけて、自分のやりたいことを見つけたいと思います。

弘法大師像

f:id:tenkouji001:20151126191834j:plain

f:id:tenkouji001:20151126191844p:plain

 

百度参りに弘法大師の像を建立致しました。

春先には、造成工事が完成するかと思われます。

天光寺宛ての手紙を紹介させて頂きます。

天光寺

高尾聖賢先生へ

うつ病、家庭不和のことで今まで大変お世話になりました。

何度か地獄の淵まで行きかけた自分を救って頂き本当に感謝の言葉もありません。

特にこの三か月間は先生の深い慈悲のもと、まさに死の淵から這い上がることが出来ました。本当にありがとうございました。先生始め天光寺の皆様方へは大きな負担をおかけしました。本当に有難うございました。

 

天光寺の皆様へ

拝啓 日増しに秋の深まりをかんじる今日この頃です。10月22日より2泊3日で体験修行に参加させて頂きました○〇です。

その節は大変お世話になりました。有難うございます。

修行から日常生活に戻り数日たちましたが、自分自身いろいろと変わりました。

まず一番変わったのは心の持ち方です。自分に自信持って大きな声でハキハキと話すようになりました。お経を唱える際に教わった腹式呼吸は、イライラした時、集中したい時に行うと心が落ち着きます。お経を唱えると心がスッキリするのでこれからも行なっていきたいと思います大変有難うございます。

 

 

敬具

 

臼杵山天光寺高尾聖賢様、天光寺の皆様

 

前略、九月八日より十二日より五日間体験修行をさせて頂きました〇〇と申します。短い期間ではございましたが丁重ご指導賜りまして有難うございました。

御住職の高尾様の御法話を御聞きし、心に響くお言葉を頂きました。自分自身を好きになる事で前向きになれること、自分以外の人を認めることが出来る事、私の心に強く印象に残りました。体験修行後自宅に戻り自分の好きな部分を書きだすと五十以上も挙げる事が出来、負の部分ばかり目を向けていた時分から、自分を好きになる一歩を踏み出すきっかけとなりました。

未熟な点は多々ありますが前向きな言葉を増やしていく努力を続けて参ります。

短い間でしたが天光寺に係る皆様に多くの四堂ご支援いただき心から感謝しております。本当に有難うございます。

 

                                 草々

高尾住職様 ご無沙汰しております。

今年7月23日に先祖供養して頂いた〇〇です。

その節は大変お世話になりました。

心臓のことも気にかけて下さり有難うございます。

住職様の手厚いご供養によりそれ以後はラップ現象や寝ている時に誰かの視線を感じることも、霊を見ることもなくなりました。今は家族全員、気持ちを改めて仏壇に手を合わせることが多くなり、常に先祖が 私たちを見守ってくれていると感じるようになりました。

本当に有難うございます。

企業研修をされた方の感想文です。

天光寺で企業研修をされた方の感想文を紹介させて頂きます。

 

看護学校感想文

                                19歳女性

 今までを思い返してみると、自分はいつも積極的ではなかったと思います。みんなと居る時も自分の意見は出さず、なんとなくついていっている側でした。しかし、今日の話を聞くとそれではだめという事が解りました。

 そして私は、声が大きい方ではないので自信がなかったのですが、2泊3日で挨拶の練習をしたり、大きな声でお経を唱えながらお百度参りをしたり、自分に自信がなく、積極的ではなかったのに対し、声を出し続け正しいお辞儀を何度も行うにつれて、なんだかスッキリした気分になり、とても開放感を得ることが出来ました。もちろんとても辛かったですが良い経験が出来たと思っています。

 一番辛かったのは、三禮です。お経を唱えながら立ったり座ったりを繰り返して声を出すのは辛いし膝が痛くなるしとても三回を百セットなんてできるわけないと思いました。しかし、しっかりと行うことで得ることがあると思ったのでマイナスにならず、自分はできると信じて大きな声を出し続け、ひたすら頑張りました。とても辛かった終えた後はやりきった達成感を味わうことができ、本当にやって良かったと思いました。

 やりたくないと思いながらやると辛いとしか思えなくなり、身体も動かなくなってしまいますが、自分にはできる、やれると思いながらやると、頑張り続ける気持ちしかないので苦しいとあまり感じずにやることができました。やはり、気持ちで身体も動き方が変わるのだと実感することが出来ました。挨拶の練習は何度も同じ言葉を繰り返し、お辞儀をすることを行いました。三禮を行った後なので全く辛くなかったです。写経は書道をほとんどしたことがないので細かい字を書くのがとても大変でした。墨も水から磨ったことがないので初めての経験をすることが出来ました。難しい漢字は字がつぶれてしまい、上手に書くことが出来ませんでした。とても長かったので、時間がかかってしまい、焦ると心が乱れ、逆に上手に書けなくなり落ち着くことが大切だと思いました。上手く書くことは出来ませんでしたが、最後までやりきったので良い経験になったと思います。

 滝行とお百度参りは、外で行いました。雨だったのでとても寒かったです。滝行は滝が強くて驚きました。水も冷たくて、凍えそうでしたが入ったらもう考えることが出来ずにびっくりしてすぐに出てしまいました。こんな経験はもう出来ないと思うので行えてよかったです。

 研修は辛いと言われましたが、もう出来る機会はないと思うので行えてよかったです。御宝号は千回も唱えたので、もう完璧に覚えました。時間が限られている中で、沢山の経験が出来て本当に良かったと思います。こんなに沢山の辛いことも逃げずにやりきることが出来たので、自分に自信を持ってこれからは行動出来ると思います。考えて失敗を恐れるよりも、とにかくやると思ったら行動に移し気分でやろうか迷った時も経験が出来る、と良い方向にとらえて気持ちをいつも前向きにして生きていこうと思いました。

 

 

看護学校 

                               学生 10代

 

修行というものが初体験だったため、初日に思っているよりきついと言われ、どんな感じなのだろと思っていました。

私は、今まで一つのスポーツに打ち込んでいて、つらい練習などもたくさんやってきました。ですが、今回の修行、とてもきつく感じました。

初日は挨拶の作法から始まり、普段あまりすることのない正座を長くやっただけで足の感覚がなくなり、立てなくなってしまいました。挨拶は一日の中で誰かと交わしますが、挨拶の仕方一つで、その人の印象が変るんだと思いました。相手の方を向き、目線を合わせ、お辞儀は深くゆっくりと。これは看護師として、患者さんに接する時にとても大事になることだと思いました。

百度参り、言葉は聞いたことはありますがやったことはなく、やっている時は何も考えずに無心になってやることができました。

滝行、テレビで観たことしかなく、いざ自分でやるとなった時に恐いという気持ちなど色々な感情が入り混じっていました。滝行をもう一度やりたいかと聞かれれば、決してやりたいとはいえませんが、やってよかった、とてもいい経験ができたと思いました。

三禮では、数をやるにつれてきつくなり声も小さくなってしまっていたのでもっと自分に厳しく自分に負けないようにやれると良かったです。一度も休まずにやれたのはよかったですが正確性が少し欠けてしまいました。

もうダメだ、とかネガティブなことを考えてしまうとどんどん崩れてテンポが遅れてしまったりするので、こういう時の気持ちの持ちようはとても大事だと実感しました。

私はどちらかというとネガティブに考えてしまいがちです。でも・・・。どうせ・・・。などとよく思ってしまいます。

ですが、これからはもっとポジティブに考えられるように、ネガティブな発言はしないように心がけようと思いました。

自分を愛すること、私はこれもとても苦手意識をもってしまっています。なにかことが起こると、もしかして自分のせいで・・・。などと考えてしまったりします。まずは自分のことを好きになる、自分の良いところを見つける、というところから始めたい思います。自分の人生の主人公になれるように、小さなことから変えていく努力をしたいと思います。

今までを振り返ってみると、もっとこうすれば良かった。こうしていたら失敗しなかった。など、とても多くの後悔や悔しい思いをしてきました。そのたびにあの時もう少し頑張っていれば・・・。もう少し努力してたら・・・。と思うだけで次へ繋がる行動をすることは出来ませんでした。なので毎回毎回後悔することばかりでした。今まで後悔してきた分、これからはこれからは一つ一つ小さな努力を惜しまないようにしようと思います。良い意味でも悪い意味でも思ったことはそのようになってしまうので、良いイメージをもって色々なことにチャレンジしていきたいと思います。

ここでやらせていただいた全てのことをこれから活かしていけるようにしたいと思います。とてもいい経験ができました、ありがとうございました。

体験修行された方の感想文です。

天光寺で体験修行をされた方の感想文を紹介させて頂きます。

 14歳男性感想文 K様

 

僕が学校に行けなくなったのは、小学校6年生の頃にいじめに遭っていましたので、学校に行くのが怖くなってしまい行けなくなってしまいました。いじめられた理由は、一人の友達だと思っていた人と喧嘩をしたら、周りの友達だと思っていた人が全員喧嘩した相手側について、集団で無視されたり体操着の袋で後ろから殴られたりして、突然みんなに裏切られて、人を信じるのが怖くなってしまい、誰を信じていいのか、よく分からなくなり誰にも相談せずに一人で色々と悩んで、何もかも嫌になり家に引き籠ってしまい、なかなか学校に行けませんでした。

 学校なんて行かなくてもいいやとか、どうなってしまってもいいやとかなどマイナスなことしか考えなくなってしまいました。お父さんや友達に将来の為、とか言われてもよく分からず楽な方、楽な方という考えでした。嫌なことからすぐに逃げればいいという考えでした。今までは、先生が家まで来てくれたり、友達が家に様子を見に来てくれたり、お父さんが学校に行けるように色々してくれていたことに感謝の気持ちなど持たずに煩わしいというような気持ちしか持っていませんでした。

 でも天光寺に来て、一か月居て考え方がガラリと変わりました。一番変わったのは、色々なことに感謝の気持ちを持つことが出来るようになった所です。

 今までは当たり前だと思っていたことも天光寺に来て当たり前ではないという事に気付けるようになりました。お父さんには、特に迷惑を掛けてきたので、申し訳なさと、感謝の気持ちを持つことが出来ました。あとは、大変な事を避けても最後にはもっと大変な事があるという事に気付くことも出来ました。あと、一歩を踏み出す勇気を持つことが出来るようになりました。天光寺を出てからもこのことを忘れずに、学校に行き、今までもらった恩を一つでも多く返せるようにしていきます。

企業研修された方の感想文

天光寺で企業研修された方の感想文の一部を紹介させて頂きます。
 
 リフォーム業 20代男性
 
「私の中で特に印象に残っているものをランキングで書かせていただきます。
第三位は食事です。一言で表すと「すごく美味しかった」です。食材が高級なものというわけではありません。とても自然なものばかりでシンプルなのですが、とても美味しく感謝の気持ちも芽生えました。
第二位は、滝行です。私が思っていた以上に水が冷たく感じました。実際に滝に打たれてみると勢いがすごく、最初は痛いと感じました。ですが、座ってみて力を抜いてみると先程までの痛みを感じなくなり何かこう一体化したような気になりました。その感覚が今でも残っていて、力を抜くコツが分かった気がします。
第一位は三禮です。今、こうして書いている間も筋肉痛の状態です。これも一言で表すと「限界を超える」です。体中の筋肉を使いましたが、本当に己との闘いでした。ですが、やはり一緒に三禮した仲間がいたからこそ達成できたと思います。
他にも、この修行を通じて学んだことが多々ありますが、何より「思考、考え方」が大切というのも最後に教えて頂きました。
この修行に参加させて頂いた、○○株式会社と天光寺の皆様に感謝です。」

体験修行された方の感想文

 天光寺で体験修行された方の感想文の一部を紹介させて頂きます。
 
十九歳  男性 無職(ひきこもりで来山)
 

 「反省すべき点が多い自分ですが、ここに来てからいろいろと人として大切なことを教わりました。

今まで自分は、困難に直面するとすぐにそこから逃げる癖がありましたが、ここに来て住職さんの法話を聞いて、『困難とは、神様が一人一人の人間に与えた試練であり、神様はその人に乗り越えられるよう一人一人の人間に困難を与えている』ということを知ることができました。この話は自分にとってかなりプラスになりました。

それと、正座でお経を読むのはかなり苦しいですが、今までよりも忍耐強くなれると自分自身感じております。

今回ここに来て、自分にとって以前の自分よりもかなり成長できたんじゃないかと感じております。つらい毎日ですが、頑張っていきたいと思います。」

 
 
十四歳 男性 (不登校で来山)
 
「四つ目は、積極的に行動するという事です。以前は誰か他の人やってくれるから大丈夫、とか、別に僕がやらなくても誰かがやるから大丈夫だと思っていました。ですが、天光寺に来て自分から積極的に行動できるようになりました。誰かがやるからいいやではなく、自分から進んで行うことが出来るようになりました。

これからは、もっと周りを見て積極的に行動出来るように心掛けていきたいです。」